~政治に興味のない人にこそ選挙に行っていただきたい~

枚方市議会議員の手塚たかひろです。

現在統一地方選挙の真っ只中。
今週末投開票の都道府県議員選挙に続き、19日からは多くの市町村議会が選挙を迎えます。

選挙?政治?興味ないし、選挙に行っても別に何も変わらないし意味がないから行かない。
そんな声も時々聞こえてきます。


でも待ってください。
政治はあなたが意識してもしなくてもあなたの生活のまわりのありとあらゆるところに影響を与えています。

たとえばあなたが働いて稼いだお金から引いて行かれる税金。その使い道を決めるのも政治です。
公共事業や福祉にどのくらい使うのか、教育にどのくらい使うのかそんな配分を行っています。

そして我々政治家の報酬(給料ではなく報酬と呼ばれます)もあなたが納められた税金から支払われています。
政治家の報酬はだいたいが高すぎます(枚方市議で年間約1100万円です)
※私はサラリーマンの平均年収が400万円ほどと言われている中、こんな高い報酬は不要と訴えて半分の受け取りを拒否していますが、
そのことについてはまた詳しく書きたいと思います。

あなたが選挙に行こうが行くまいが誰かが議員として選ばれるわけです。
そしてその議員には多額の報酬が支払われます。
どうせだったらちゃんと働いてくれそうな議員を選びませんか?

支持団体のために働く議員ではなく、市民ひとりひとりのために働く議員を選んだほうがいいと思いませんか?

府議会議員選挙、市議会議員選挙、ぜひ投票に行ってください。
誰を選んだらいいかわからない、そういう時は自宅に届けられる選挙公報を読んで
少しでもマシそうだ、働いてくれそうだというひとを選んでください。
自宅になければ市役所でもらえます。

前回の枚方市議選の投票率は45%ほどでした。半分以下の人しか投票に行かなかったわけです。
半分以下の人が選んだ議員が私を含めた今の枚方市議です。

選挙に行っても何も変わらない。
ある意味そうかもしれませんが、そう考えている一人一人が投票に行くことによって
投票率が60%、70%になれば政治の風景はずいぶん変わります。

私が街で市民の皆さん!と呼びかけるとき、その市民とはあなたのことを指しています。

私、手塚たかひろは特定の支持基盤を持ちません。市民一人一人の力で議会に送り出していただきました。

街で普通に生活する市民の目線で、皆さん一人一人とともに政治にかかわってきましたしこれからもそうありたいと思っています。

ぜひ、政治に興味を持ってください。選挙に行ってください。

これから何度かに分けて私の想いを書いていこうと思います。

応援しよう!と思われたらぜひ
手塚たかひろFacebookページへのいいね!をお願いします。
https://www.facebook.com/tezukatakahiro

皆さんの応援がすごく力になります。

読んでいただいてありがとうございました。