美術館問題

こちらからダウンロードできます。
地元の方々がお礼のチラシを作りました。


お礼のチラシを作りました。
みんなの声に感動しました。たくさんの応援ありがとうございました。
A4現状報告201609声のみ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 388.2 KB

ついに中央公園のフェンス撤去!!
アラカシの森が復活・・・

こちらからダウンロードできます。
A4現状報告201607.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 380.6 KB

・フェンスを外すこと
・市長との話し合いを求める

 

市民無視の美術館建設を白紙に戻し、再検討を求める市民・団体がチラシを作りました。

美術館問題の現状報告2016年6月はこちらからダウンロードできます。
A4現状報告201606あ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 263.6 KB

7月24日 39名の枚方市民が 「枚方市長に対して覚書を直ちに破棄し、負担付寄附の受領を禁じるなど適切な措置をとることを求める」監査請求を行いました。

その後、記者会見を行い翌日の朝日新聞に掲載されました。

監査請求書全文は下記PDFファイルをご覧ください。

39名の枚方市民が 「枚方市長に対して覚書を直ちに破棄し、負担付寄附の受領を禁じるなど適切な措置をとることを求める」監査請求を行いました。
枚方市職員措置請求書.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 204.0 KB

美術館問題について枚方市議会で追及


映像はこちら↓

手塚たかひろ一般質問

 5月14日で200日が経過しました!


1.辺野古から東恩納琢磨さん来訪

2.緑化フェスティバル「みどりのシンポジウム」で アピール





1.寄附者大東氏が現地中央公園へ

 ★くい違う大東氏と市長の意向

「茶室をつくり、現図書館は駐車場に、現集会所は新図書館に」と強調

3月16日に寄附者大東氏が中央公園を訪れ、集う市民に話をしました。


2.業者が森囲いフェンス設置強行

★大東氏の指令で造園業者動く

3月20日の朝5時半、予定地の森を囲む位置に、ペグが打ちこまれました。

工事規定外の早朝、工事説明もないままの作業。

8時半には造園業者と市職員が現れ、フェンス設置を強行。

市民は「反対」を唱えて抗議するも、森はフェンスで囲まれてしまいました。


3.美術館準備ニュース第2号の矛盾

★上記資料を是非お読みください!

二月二十六日、市がフェンス設置を強行!


-枚方市立美術館の問題点-

◆寄付者と市長の独断

◆年間7000万円以上の運営費は市民税から!

◆寄贈品の価値は不明

◆アクセスもよくない




-反対する市民は多数-

「枚方市立美術館」について、街角で市民に質問した結果は、右図。反対署名は、16000筆超。これらの結果をふまえた2月23日の面談でも、 市長は依然として市民無視の姿勢。


 

香里ヶ丘中央公園に建設予定の美術館


反対する市民は決して「一部少数派」ではない!!


東香里在住の資産家大東清四氏が7億円かけて建設し、枚方市に寄付するという美術館。竹内市長は独断で香里ヶ丘中央公園の「アラカシの森」を建設用地に提供した。しかし、市民の抗議運動は5ヶ月以上工事着工を阻止している。枚方市政はじまって以来の出来事だ。

市政に見られる問題点と運動の成果は、次のようになる。


★昨年の3月26日、市民を無視し、本会議で可決されたこの案件~市は、本会議前に香里・香陽・五常・開成の4校区コミュニティ会長にのみ知らせ、口止めし、他の市民には一切知らせていなかった。「民主主義」には程遠い市長・議会・行政のあり様である。

 

★香里団地の中核をなす中央公園の小高い丘を削り、建設が予定される美術館。敷地面積900坪の実勢価格は4~5億円といわれる。提供される土地は市民の財産。にもかかわらず、枚方市は市民の意見を十分受け止めず、寄付者の意向のみ尊重してきた。



★戦前は火薬製造の地、戦後は住民運動により平和な住宅地として生まれ変わった香里ヶ丘の地に見事に育つアラカシの森。この木々は、まだ200年以上は寿命があるといわれる大木である。近年、周辺の乱開発で緑の破壊が続く中、この森への市民の思いはひとしおである。

 

★美術館の維持費は、約7,000万から1億円。多額の税金投入が必要である。約1,000億円の負債(赤字)をかかえる枚方市に更なる赤字を増していいのか?

子供や老人の医療費、耐震化、浸水対策等々優先課題が山積している。


★この美術館は条件付の寄付である。30年間美術館として維持できなければ、その時点での減価償却された価格を寄付者に返還しなければならない。

 

★市は寄贈される80点の美術品の評価を明らかにしていない。

 

★香里ヶ丘は主要駅からバスでおよそ15分。交通アクセスは良いとは言えない。

 

集まった反対署名は16,000筆。

 

☆抗議運動の中から文化が生まれた。歌「風とみどりの丘」「誰がこわすの市民の森を」、絵本「アラカシのもり」がそれである。

☆民意を重んじた健全な地方自治を求める市民の声は、次期市会議員選挙・市長選挙に向け、日々大きく鋭くなりつつある。

 


詳細は下記のPDFファイルをご覧ください。

美術館問題
0206ビラ 完成表あ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 225.0 KB
美術館問題9月議会etc
0206ビラ裏文書1.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 204.3 KB


香里ヶ丘中央公園に来ている絵本づくりが趣味の子連れママが、みんなの声を聞いて、公園の絵本を作ってくれました。森の木アラカシが主役。公園に来る人々、子供たち、市役所の職員とのエピソードをまじえた、まさしく今の中央公園のお話です。


是非、みなさんにご覧いただきたいです!


←詳細は写真をクリックしてください。

シール投票円グラフ中間結果.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 191.2 KB
シール投票一覧表.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 88.0 KB
2015 1月29日チラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 121.2 KB
お話会・美術館の何が問題.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 210.3 KB
お話会・美術館の何が問題.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 210.3 KB